誰かの為になるかもしれない事を願って書いてます

ぷらんちゃ.com

その他MVNO 格安SIMの記事

ドコモから格安SIMにMNPするならこの大手3社を比較!MNPの手順も合わせて解説

更新日:




SIM

ドコモから格安SIMにMNPを考えてる方の為に書きました。今パッと思いつくだけで格安SIMは20社弱です。

これだけある格安SIMの会社からすべてを比較して自分に合った格安SIMを選ぶってちょっと難しいですよね。

料金は?通信量は?契約方法は?...そのすべてを把握するなんて到底無理です。

この記事ではこれからドコモ→格安SIMにMNPしたい人のために...

  • MNPする際に絶対押さえておきたい3社
  • ドコモから格安SIMにMNPする際の手順
  • MNPする際の注意点とメリット

大きくこの3つを紹介したいと思います。記事が長くなりますのでブックマークしておくとあとで読み返す時に便利かもしれません。

スポンサーリンク

ドコモからMNPするならチェックしておきたい格安SIM大手3社

ドコモからMNPする上で以下のことに重点を置いて選びました。

  • なるべく今まで(ドコモ)に近い環境で利用できる事(かけ放題やセット割りなど)
  • 単純に安くなるだけじゃなく付加価値がある事(ポイントや割引)
  • 誰でも知っている大手の企業が運営しいている事

特に格安SIMにMNPする上で「よくわからない会社と契約する」事はけっこう不安ですよね。特に初めて格安SIMを利用する人は特そうだと思います。そこである程度、知名度のある大手との契約をおすすめします。

大手の会社で契約するメリットはプランや料金の豊富さ、他にもアフターサービスだったり、自分以外の人もたくさん使っているという安心感だったりするんですよね。(経験談)

そこで今回紹介する3社はそれぞれ私が実際に使ったことのある格安SIMです。この3社以外にも格安SIMの会社はありますが、他社と比較のためにもまずこの3社は抑えておいたほうが良いかと思います。

ドコモの利用環境に一番近い格安SIM?楽天モバイルがド本命!

楽天モバイル>>楽天モバイル公式サイトはこちら 

  • 5分のかけ放題がオプションで選べる
  • 楽天スーパーポイントがかなり優遇される
  • スーパーホーダイプランのコスパが良い
  • 独自のキャリアメールが使える

楽天モバイルがドコモから格安SIMにMNPする際、一番のおすすめになります。単に価格安いからじゃなく楽天モバイルは実際ドコモに一番近い格安SIMだと思います。楽天モバイルのすべてを説明するのはこの記事だけでは難しいので要点だけまとめます。

楽天バイルはかけ放題が選べる

かけ放題は5分間なら何度でも無料で月々850円で利用出来ます。ドコモの場合カケホーダイライトが5分間の通話無料で使えますが月額1700円ですから楽天モバイルはドコモの半分の価格でかけ放題を利用できます。

かけ放題強制加入じゃないのもいいですよね。オプションなので選べます。ドコモの場合はカケホーダイライトの1700円か、カケホーダイの2700円のプランどちらかに強制加入となります。

実際友達どうしの会話はLINEやSkypeがメインでしょうから、オプションでかけ放題を選べる所に楽天モバイルの使い勝手の良さを感じます。

楽天モバイルを利用していると楽天スーパーポイントがたくさんもらえる

楽天スーパーポイントが楽天市場で2倍もらえるようになります。楽天市場を利用する人はスマホ料金が安くなるだけじゃなくネットの買い物でもお得になりますね。

仮に楽天モバイル+楽天カード+楽天アプリで買い物すると6倍もらえます。さらに楽天イーグルスやヴィッセル神戸が勝った翌日はポイント上乗せになりますからね。

楽天ユーザーはかなりお得になると言えます。私も楽天カードを利用してますし、たまったポイントを旅行などで使っています。

関連 累計50000ポイント超え!私が楽天カードを使う3つの理由

楽天ユーザーはかなりのメリットがありますね。1年使うと結構な差が出るのではないでしょうか。

楽天モバイルのスーパーホーダイのコスパは高い

楽天モバイル スーパーホーダイ

ネット+5分かけ放題がセットになったプラン、今まで使っていたドコモ端末をそのまま楽天モバイルで利用するならこのプランがオススメです。

ネットは2/6/14GBから選べるので自分にあった容量を選びます(6GBがおすすめ)仮に通信量を使い切っても1mbpsの速度で混雑時間以外も利用できるのは驚きですよね。

難しいオプションやらなんやらは抜きにシンプルにネット+かけ放題でOKという人はこのプラン一択のように思います。

独自のキャリアメールが利用できる

ドコモだけじゃなくauでもSoftBankでも専用のキャリアアドレスを使っていたはずです。◯◯◯@docomo.ne.jpのような以前のアドレスは格安SIMに乗り換えると使えなくなります。

格安SIMはフリーメールのアドレスで代用することがほとんどですから、絵文字やデコメが使えるメアドは利用する事ができなくなります

楽天モバイルはユーザー1人に対して1つ無料でアドレスをくれます(※要登録)もちろんドコモからMNPすればアドレス自体は変わりますがフリーメールをプライベートなどのアドレスで使うのに抵抗がある人も居るんじゃないでしょうか?

そんな人にはありがたいサービスですよね。ちなみに絵文字やデコメが使えるキャリアメールを付与しているのは楽天モバイルのみです。

関連 無料で使える楽天モバイルのメール設定!絵文字やデコメも使えるよ

その他にもある楽天モバイルのメリットを箇条書きで紹介

  • 無料でWi-Fiスポットを利用できる
  • 契約は口座振替でもできる
  • 格安SIMでは珍しい専用ショップ(窓口)が全国にある
  • 時期にもよるが高額のキャッシュバックがある(20000円相当など)

ここでは書ききれない楽天モバイルの詳細はこちらで詳しく書いています。

関連 ドコモから格安SIM(MVNO)に転入なら楽天モバイルが最有力!その理由とは

なおキャッシュバックやキャンペーンについては公式サイトで最新の情報を確認できます。ポイントがたくさん貯まってスマホ料金が安くなるのでドコモユーザーはぜひチェックしてみてください!

公式 楽天モバイル公式サイトへ 

自宅ネット回線とまとめると本当に安いIIJmio(みおふぉん)

sim

>>IIJmio(みおふぉん)公式サイトへ

聞き慣れない会社名かもしれませんが、IIJmioという会社が運営しているみおふぉんという格安SIMサービスです。IIJmioは格安SIMシェアNo2の会社になります。

私も1年以上利用していた格安SIMの会社になりますが、IIJmioの光回線+格安SIMで自宅のネットとスマホで月額5000円程度で利用していました。本当にコスパ高かったです。

自宅回線とスマホをあわせて安くしたい人にはおすすめの格安SIMになりますね。そのほか、ネット+かけ放題プランなど楽天モバイル同様のサービスはほとんど兼ね備えています。

IIJmioのスマホ+自宅ネットでかなりお得になる

IIJ光セット割り

IIJmioの光回線は引っ越し前のマンションで利用していましたが、速度も十分で快適に利用ができました(そのマンションが100Mbpsしか対応していなかったにも関わらずです。)

当時、奥さんのスマホをみおふぉんに変更すると同時に自宅のネット回線も契約、3GBプラン+光回線で5000円弱の利用料金で使っていました。繰り返しますが、光回線とスマホをあわせた月額料金ですよ。こちらがIIJmio光にした当時の記事になります

ネット回線とセット申し込みが出来る格安SIMは少なく貴重と言えます。自宅のネットも込みで通信コストを下げたいのであればIIJmioは検討の余地ありです。

スマホも一緒にほしい人にはコミコミセットがお得

ネット(3GB)+かけ放題3分+スマホ本体で月額1880円からです。これは契約と同時にスマホも購入したい人には大きなメリットだと思います。

楽天モバイルのスーパーホーダイとみおふぉんのコミコミセットの違いは楽天モバイルはスマホ本体がセットに含まれていない事、楽天モバイルは通信量が選べるのに対してみおふぉんは3GB固定な事、楽天モバイルが5分のかけ放題な事に大してみおふぉんは3分のかけ放題であること。

これらの違いはありますが、ほとんど通話を使わずネットも3GBで十分という人には十分なプランじゃないかなと思いますね。かなりコスパ高いです。

大容量プラン+データシェアならIIJが一番安い

上記写真の赤い囲みが12GBのファミリーシェアプランになりますが、各社の大容量プランと比べても割安と言えます。

通話+ネット12GB(上記図はキャンペーン中のため15GBに増量中)の料金に加えて、みおふぉんはSIMカードの追加が3枚目まで無料で利用できます。

1契約に対して音声SIM1枚+2枚のデータSIMが利用できる事になりますね。IIJmioはドコモ回線もau回線も混合でSIM追加できるのも他社には無いメリットです。

ファミリーシェアプラン シェアSIM図

メインの音声SIMはスマホで、2枚目のデータSIMはタブレット、3枚目はLTEルーターなど幅広い使い方ができます。

3枚目までは追加料金0円で利用が可能です。毎月データ量が少なくて困っている人はIIJmioのファミリーシェアプランを検討してみてはどうでしょうか?音声通話+12GBで3000円以下で利用可能です。

以前ファミリーシェアプランを利用していた時の記事になります。より詳しくはこちらをどうぞ!

関連 家族でも1人でも!IIJmioファミリーシェアプランの魅力

IIJmioは店頭窓口が多い

大型家電量販店

格安SIMの契約はネットで完結させるイメージがあるかもしれませんが、IIJmioは一部のイオンや家電量販店のビックカメラで、ヨドバシなどで申し込みが可能です。

もちろんネットから申し込んでもその時期その時期で様々なキャンペーンをやっているので確認してみてはどうでしょうか?契約方法に幅があってネット契約に不安がある方にもオススメですね。

追記:以前は「ネットよりも店頭申し込みのほうがメリット大きい」という記事を書いたのですが、最近はキャッシュバックにせよ何にせよネット申し込みの方がメリットは大きいように感じます。

みおふぉんの公式サイトは以下になります。時期によりキャッシュバックなどを行っているのでチェックしてみてください。

公式 IIJmio(みおふぉん)公式サイトへ

動画をたくさん見るならBIGLOBE Mobileのエンタメフリーがおすすめ

BOGLOBE エンタメフリー

>>BIGLOBE SIM公式サイトはこちら

光回線やWiMAXのプロバイダーとして有名なBIGLOBEも格安SIMのサービスを展開しています。

通勤通学で動画を頻繁に見るならこのBIGLOBE SIMがおすすめですね。音声通話プラン+480円でYouTubeやU-NEXなどの動画配信サービスや音楽配信サービスが通信量ノーカウント、無制限に利用できます。

通常、動画を長時間見る場合は、大容量プランや無制限使い放題プランに入らなければならないのですが、使うサービスを限定する事で使い放題がたった480円で利用できるのは嬉しいですね。

以下BIGLOBE SIMで利用できるサービスの詳細になります。

通信量ノーカウントになるサービスは以下の通り

  • YouTube
  • AbemaTV
  • U-NEXT
  • Google Play Music
  • AWA
  • Spotify
  • AppleMusic
  • radiko
  • AmazonMusic

現在は上記サービスはエンタメフリープランに加入すると通信量がノーカウントになります。大容量のプランに加入する事なく無制限に上記サービスが利用できるのはメリットですね。

特にYouTubeやAbemaTVを頻繁に見る人も多いと思いますが、通信量を気にすることなく思いっきり一日中見まくれますね!

YouTubeであれば360〜480P程度で再生可能

YouTubeであれば360P〜480P程度の画質で再生できます。普通に動画を見る分にはほとんど気にならない画質だと言えます。4K動画などは厳しいかもしれませんが...。

その他、Google PlayMusicやAWA、AppleMusicなどの音楽配信サービスもカウントフリーになります。これも利用している人はかなり多いのではないでしょうか。

今後もサービスを追加していくようですが、これにHuluやNetflix、LINEMusicなどが加われば更に人気が出そうですね。とにかく動画&音楽をひたすら聞く人にはおすすめのプランです。

3GB+音声通話+エンタメフリーで月額2000円程度

3GBの通信量+音声通話に先程のエンタメフリープランを入れて月額2080円(税別)になります。通信量の多くが動画鑑賞だったり、音楽鑑賞の人は3GBでも十分だと思いますよ。

ただしお昼は通信速度が制限されたりするので注意が必要ですね。それでも動画が見れなくなるなんて事は無いのですが、格安SIM各社混雑した時間は速度が遅くなります。特に12時〜13時、21時〜22時前後でしょうか。

かけ放題10分か無料通話90分をオプションで利用できる

楽天モバイルよりも通話オプションが充実しています。オプションで通話かけ放題10分/3分もしくは無料通話90分/60分を利用する事ができます。

通話料金が心配な人は通話オプションを利用しましょう。

こちらのBIGLOBE SIMも時期によってはキャッシュバックを行っているので気になる方はチェックしてみてください。動画や音楽を頻繁に利用する方は特におすすめです。

公式 BIGLOBE SIM公式サイトはこちら

ドコモから格安SIMにMNPするまでの大まかな流れ

格安SIMへMNP

ここからはドコモから格安SIMに実際に移行する際の手順を説明していきます。

  • 契約月と違約金について確認しておく
  • MNP予約番号を取得する
  • 格安SIMに申し込む

MNPとはスマホの番号そのままで他社へ引っ越すこと、この手続きをしないと今の番号を使えないので注意が必要です。番号を変えたくない人は必ずMNP予約番号を取得しておきましょう!

流れとしては契約更新月のチェック→MNP予約番号取得→格安SIMへMNP(番号そのままで引っ越し)という形ですね。

最初にドコモを解約した場合の違約金やスマホの分割払いの残債をチェックしておこう

キャリア解約違約金

多くの人がスマホの2年縛りの契約になっていると思いますが、契約更新の月以外にドコモを解約すると違約金が発生します。9500円の違約金になりますので地味に痛い金額だと思います...。

さらに分割でスマホを購入している人は完済していない場合、解約すると残債が一括請求されますのでこちらも注意が必要。自分の契約更新月とスマホの分割の残りは解約前にチェックしておきたいところ。

自分の契約更新月、スマホ分割の確認はスマホと電話で確認が可能です。

スマホの場合

マイドコモ→お客様サポート→契約内容確認

電話で確認する場合

ドコモ携帯から:151

その他:0120-800-000

その他、直接ドコモショップに行っても聞くことができます。ただし、待ち時間を考えるとマイドコモからチェックするほうが速いですね。

MNP予約番号を取得する

このMNP予約番号とは今の番号を他社で利用する場合に必ず必要な番号、と覚えておけばOKです。お金は掛からず簡単に取得することができます。ドコモのMNP予約番号の取得方法は以下の通り

お店でMNP予約番号取得

ドコモショップでMNP予約番号を発行してもらう(MNP予約番号と言えばわかります)

ネットでMNP予約番号取得

マイドコモ→オンライン手続き→携帯電話番号ポータビリティ→解約手続き

電話からMNP予約番号取得する

ドコモ携帯から:151

その他:0120-800-000

MNP予約番号の注意点

予約番号は簡単に取得できますが、取得した時点では解約になっていないので注意が必要です。MNP予約番号取得後に、格安SIMへ申し込み、回線を切替えたらそこでドコモが解約になります。

それと、MNP予約番号は有効期限があり、取得してから15日をすぎると失効してしまうため、また新たに番号を取得しなければなりません。

手間ですのでMNP予約番号を取得したらすぐに格安SIMへMNPしましょう。

格安SIMへの申込みと回線切り替え手続き

MNP予約番号を取得して初めて番号そのままで格安SIMに申し込む事ができます。文字にすると長いですが取得はさほど時間はかかりません。

番号取得後、気に入った格安SIMへ申し込みます。店舗での申し込みなら店員さんが回線切替→開通までを行ってくれるので簡単ですね。ネットで申し込んが場合は自分で回線の切り替え作業が必要になります。

回線切替〜APN設定設定までのながれと手順

大まかな流れは回線切り替えの為、コールセンターへ電話をし、自分のスマホをそのまま使う場合はSIMカードを挿してAPN設定というものを行います。

楽天モバイルの場合は、自宅で楽天モバイルから送られてきた端末を受け取ったあと電話(0800-805-1111)へ電話して回線の切り替えを行います。

電話後約20分〜程度で回線が切り替わり、これでドコモ回線が解約になります。なお、これからドコモのSIMカードは使えないので自分のスマホに楽天モバイルのSIMカードを入れてセットアップします。

これのセットアップをAPN設定というのですが、以前に楽天モバイルのAPN設定を行ったのでこちらの記事を参考までに。

少し古い記事ですが、やり方はほとんど今とほとんど変わり無いです。むしろAPNは今の機種の場合、最初から設定されているのでかなり簡単にできるはずですよ。

関連 楽天モバイルのSIMが届いたら行うAPN設定の手順

ドコモから格安SIMにMNPする際の注意点は?

メールする女性

  • キャリアアドレスは使えなくなる!
  • SIMカードのサイズ確認
  • ドコモのポイントは消化しておこう

フリーメールの用意は必須

格安SIMの場合は基本的にメールはフリーメールを利用することになります。今までの@docomo.ne.jpアドレスは利用できなくなるので注意が必要ですね。

フリーメールはGmailやicloudのメールを利用することになると思うのですが、気をつけて頂きたいのが格安SIMに移行する前に利用しているサービスの登録アドレスをフリーメールに変更しておくことです。

私の失敗談なのですが、楽天銀行の登録をキャリアメールにしたまま格安SIMに移行したところ、ドレスの変更ができなくなり郵送でアドレス変更をした経験があります。

同じようにフェイスブックやツイッター、ネット銀行などよく使うサービスをキャリアアドレスで登録している人はMNP前に登録アドレスを変更しておくことをおすすめします

SIMカードのサイズは一応チェックしておこう

SIMカード入れる

格安SIMに申し込む際、一応SIMカードのサイズは知っておいたほうが良いかもしれません。最近の機種はほとんどがマルチSIM対応なので大丈夫ですが、3.4年前の機種になるとSIMカードの種類やサイズが違う場合があります。

申し込む格安SIMのサイトで検索、もしくは問い合わせで確認してみたほうが良いかもしれませんね。

ドコモのポイントは全部使っておこう

解約してもドコモIDがあればポイントは消滅しないのですが、もうドコモユーザーじゃなくなりますからね。使い切っておいたほうが良いと思いますよ。今後はもうポイントたまらないでしょうし。

家族割りや固定回線+スマホのセット割りはなくなるので注意

今家族割りなどに入っている人は格安SIMに移行することで割引がなくなるので注意が必要です。同じくドコモ光+スマホの割引も無くなりますが...。

正直、家族割りやネット割引よりも格安SIMにMNPをしたほうが月額の料金は下がると思うのでそんなに心配しなくていいかなと思いますが。

スポンサーリンク

ドコモからMNPするならなるべくドコモ回線の格安SIMを利用しよう!

ドコモで使っていたスマホを格安SIMで再び利用する場合になりますが、なるべくドコモ回線の格安SIMにMNPすることをおすすめします。理由はいくつかあるのですが、大きく分けて2つ!

SIMロック解除費用が掛からない

通常、ドコモ製のスマホを他社で利用する場合は必ずSIMロック解除という作業をしなければなりません。中古のスマホとSIMロック解除については以下記事で詳しく説明していますが...

関連 購入前に知っておきたい!SIMロック解除と中古スマホの事

これがドコモ製のスマホをドコモ回線の格安SIMに移行するとSIMロック解除無しで利用が可能です。そのままSIMカードを差し込むことで普通に使えます(APN設定は必要)

余計な費用も手間も掛からないのでドコモスマホ→ドコモ回線格安SIMはスムーズに移行できます。

ドコモ回線だとプラチナBandもしっかり受信してくれる

ドコモ製のスマホは当たり前ですがドコモ回線専用にアンテナも設計されています。例えばシムロック解除してau回線のUQモバイルでも普通に利用することはできますが...ドコモ回線のプラチナBand(一番速い回線)は使えなかったりするんですよね。

ドコモ製のスマホがしっかりプラチナバンドを掴んで本来の通信速度で利用するにはドコモ回線が一番適しているのは間違いないんですね。

今回紹介した格安SIMはすべてドコモ回線を利用した格安SIMです。< まとめ

記述の通りドコモからMNPの場合は楽天モバイルが1番オススメですね、ポイント優遇や窓口の充実が理由に挙げられます。IIJmioはスマホ+自宅回線でかなり安く利用できますので、トータルで通信コストを下げたい人におすすめです。

もし私がドコモから格安SIMにMNPをするなら上記の3社から検討します。この他の格安SIMを検討する際にも、この3社を軸に比較していくと自分に合った格安SIMを見つけやすいかもしれませんね。

それではまた!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

<script>

<script>

-その他MVNO, 格安SIMの記事

Copyright© ぷらんちゃ.com , 2018 All Rights Reserved.