2016/09/2555 Shares

二日酔いで酷い自己嫌悪の時に読んで下さい

PAK93_heyanosumidetaikuzuwari20140322-thumb-815xauto-16857

 

この記事に辿り着いたあなたは今、酷い自己嫌悪で昨日の飲み会を振り返って居るのでは無いでしょうか?穴があったら入りたい!どうせなら昨日に戻って飲み会キャンセルしたい!なんであんなにヘラヘラ喋ってしまったんだ!とにかく恥ずかしい!

こんな感じじゃないでしょうか?私も幾度と無くそんな思いをして、二日酔いの気持ち悪さと自己嫌悪の気持ち悪さで押し潰れそうな朝を何度も体験しました。

そんな私ですからあなたの気持ちが非常に良くわかります!ですが、過ぎてしまった事は仕方ないですし、まずは今自分を苦しめてる自己嫌悪から逃れる術を見つける方が先決です!

大丈夫です、今は最悪の気分でしょうが、必ず気分は晴れます!

そして自己嫌悪が少しでも早く消え去るお手伝いをしたいと思いますので、二日酔いで大変でしょうが、まずは自己嫌悪で今苦しんでいる理由を知ってください。

スポンサーリンク

 

飲んだ次の日はなぜ自己嫌悪に陥るのか

二日酔い 後悔

 

 

まず、なぜあなたが今自己嫌悪に陥っているかというと、それは昨日あなたがつい酔って喋り過ぎた訳でも、あまり仲良くない人に馴れ馴れしく接した訳でもなく、アルコールのせいなんです。

どうゆう事かというと、昨日を思い出して後悔している今の思考そのものが、アルコールによる二日酔いの症状なんです、二日酔いは肉体的にも大変ですが、精神面にも非常にダメージを与えます。

これは医学的にも解明されていますが、ホルムアルデヒドという物質が自己嫌悪の元です。

今の憂鬱な気持ちの犯人はホルムアルデヒド

アルコールが体内で分解されるとホルムアルデヒドが生成されます、これが非常に毒性の強い物質で精神面にダメージを与えます。この飲んだ次の日の自己嫌悪を東洋医学では肝鬱と呼ぶそうです。

元々黄色人種はアルコールを分解する能力が黒人や白人より低く二日酔いになりやすいのです。

つまりあなたが今昨日の夜を思い出して落ち込んでいるのは、ホルムアルデヒドが悪さをしているからで、ごく当たり前の誰でも起こりうることなんです!

もう一度冷静に振り返ってみる

 

二日酔い 記憶ない

 

今の自己嫌悪の気持ちの犯人はホルムアルデヒドだとわかった上でもう一度昨日の飲み会を振り返ってみて下さい、確かに「今思えば喋り過ぎたな」とか「ヘラヘラして周りに変に思われたんじゃないか」など思うかもしれませんが、自己嫌悪に陥るほどひどい状況だったのでしょうか?

お酒を飲むと良くしゃべる様になる人や、陽気になる人を見る事が多々あると思いますが、それを見てあなたはどう思いますか?多くの人は楽しい飲み会の当たり前の風景として捉えているのでは?

そして昨日のあなたもそんな飲み会の当たり前の風景の一部なのです。

酔って人を傷つけたり、酷い暴言を吐いたり、暴れたり…これはお酒の飲み方を変えなければならないと思いますが、そうじゃないなら考えすぎないで下さい、大丈夫です!あなたが思ってるよりも周りはあなたを気にしてません!

そもそも周りの人もあなたと同じように「喋り過ぎたー!」とか「やっちまったー」とか思ってるかもしれませんし、酒の席で全くしゃべらないのもどうかと思いますよ?

 

落ち込む人の特徴

YOTA82_atamakakaeru15123152-thumb-1000xauto-14192

 

 

すべての人が二日酔いで次の日に自己嫌悪に襲われるかといったらそうじゃないんです。

肉体的に二日酔いで具合悪くなっても、ひどく落ち込んだりはしない人も居ます。

そこで飲み会の後落ち込みやすい人の特徴を私なりに考えました。

落ち込みやすい人はどこかナルシストな部分があるのでは?こういうと少しきつく聞こえるかもしれませんが、他の人からちゃんとした人だと見られたい、周りから認められたい、だらしない自分は見せたく無い。

ナルシストという表現が合っているかわかりませんが、他人からの目を気にするあまり、昨晩の自分のテンションとシラフの自分のギャップに耐え切れなく、更にホルムアルデヒドが精神面に悪さをして今の最悪な気分に拍車をかけています。

ですがもう一度言いますあなたが思ってるよりも周りはあなたを気にしてません。

飲み会は張り詰めて仕事をしたり、忙しい家事をこなしたりしている日常から比べればお酒をのみワイワイ楽しむのですから、非日常的であると言えます。

開放された非日常の飲み会で多少しゃべりすぎたりしても、周りも同じような雰囲気ですから、いちいちあなたの言動や行動を気にしていないですよ!

そもそもお酒の席での事をいつまでもグチグチ言う様な人とは次回からは一緒に飲みたくないですよね

 

次の日自己嫌悪に陥らない為の対策

 

二日酔い 後悔

「もう二度とこんな気分はごめんだ!」「お酒は好きだし飲み会にも参加したいけど次の日が怖い」という人達にお酒を飲んでも次の日落ち込まない為の私なりの対策を教えます!

・気心の知れた仲間以外とは深酒しない

自己嫌悪の酷い日の特徴でプライベートであまり遊んだりしない人と飲んだ後が個人的にかなりキツイです。

会社の同僚や上司、たまに会う友人などですね。

自分の素を出しても引かない様な気心の知れた友達以外とはお酒を飲み過ぎないように私は気を付けてます。

あと記憶を無くした時の朝の自己嫌悪はかなり酷いので記憶が飛ぶまでは深酒しないように!

・飲んでる間に水を飲む

次の日の自己嫌悪も二日酔いの一種ですから、体内のアルコール濃度を下げれば次の日にお酒が残らず精神面でも安定します。

一軒目のお店を出る前、飲み会から帰った後などにコップ1〜2杯の水を飲むだけで次の日全然違いますよ。

そもそもアルコールを摂取した後は水分を消費しているので多めに水を取った方がいいです、理想はスポーツドリンクを飲むのが一番良いですね。

ですが飲み会でお酒が入ると、給水をついつい忘れてしまうので、スマホのアラームやリマインダーを使って「給水」の通知を予め数時間置きにセットして飲み会に出かけるのもいいかと思います。

・ウコンなどのドリンクを飲む

これはあまりにありきたりかもしれませんが、個人的に効果があるので飲み会の前は必ず飲む様にしています。今は様々なドリンクが発売されているので自分にあったモノを試して選べばいいと思いますよ!

私はウコンの力 スーパー がオススメです、ちなみに普通のウコンの力はあんまり私は効かなかったです。

飲んだ日と飲んで無い日のお酒の残り具合が全然違います!コンビニで売っているので飲み会前に試してみて下さい

上記3つを行うだけで私は次の日の自己嫌悪がかなり和らぎました!もちろん今でも飲み過ぎると朝イチしんどい時はありますが。かなり緩和されますよ!
【関連記事】二日酔いにならない為には?効果的な対策を紹介します。

まとめ

二日酔い 予防

 

・自己嫌悪の原因はホルムアルデヒド

・あなたが思っているより周りはあなたのことをなんとも思っていない

・周りからの目を気にしすぎると自己嫌悪になりやすい

・飲み会の時はちゃんと対策をしてから行くこと

 

二日酔いの朝はもう二度とお酒は飲まないと思いますが、すぐに飲みたくなりますしお誘いだってなかなか断れないと思います。だから若い時のような勢いでお酒を飲まず、自分なりの無理のない飲み方を少しづつ身につけて行く必要があります。

今この記事を読んでいても自己嫌悪と二日酔いの気持ち悪さで大変でしょうが、あなた以外にも同じように二日酔いの自己嫌悪を経験してきた人は沢山居ます!そして時間が経つに連れて気分は好転してきますし、そうやって徐々に自分に合ったお酒との付き合い方を身につけて行けばいいのだと思います。

ここまで読んだなら後は起きていても昨日の飲み会の事を考えてしまうので、水もしくはスポーツドリンクを沢山飲んで早く寝ることです!時間が経てば気分は好転しますよ!

そして今度飲み会に行くときは今日の気持ち悪さを忘れずにしっかり対策して楽しくお酒を飲みましょう!もしも、「しばらくお酒を控えたい」「禁酒期間を作ろう」と思うなら以下の本がオススメですよ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
ぷらんちゃ

ぷらんちゃ

一般のサラリーマンです。2015年4月からこのブログはじめました。日常の気になった事、興味のある事、iPhoneとかアプリとか。括りなく雑多に色々書いています。良かったらみて下さい!