2016/11/091 Shares

読み放題の楽天マガジンを使った感想!サービス内容や注意点まとめ

楽天から新たなサービスが始まりました!その名も「楽天マガジン」。200種類以上の雑誌が読み放題との事、しかも登録から31日間は無料で読めるとの事で早速登録してみました。その後気に入ったら継続利用してみようかと…。

楽天マガジンの登録方法やアプリのインストール、読める主な雑誌などを書いてみます。あと実際に使ってみて分かった注意点や感想なども。雑誌を良く立ち読みしたりちょこちょこ色んな雑誌を読みたい人には良いかもしれません。

スポンサーリンク

楽天マガジンサービスの利用料金とサービス概要

楽天マガジン

楽天マガジンの利用料金は毎月380円(税抜)、12ヶ月まとめて払いで3600円です。このサービスは間違い無くamazonの読み放題サービスKindle unlimitedにぶつけてきた楽天のサービスですね。

Kindle unlimitedは毎月定額980円ですが雑誌の他にもコミックや洋書なども読めます。読める本はKindleの方が多い分、楽天は雑誌のみに絞ったサービスでKindle unlimitedの半額以下で利用出来ます。

楽天マガジンの雑誌取り扱い数とジャンル

今後、伸びると思いますが現在200種類の雑誌が読み放題で、結構人気の雑誌も多いですよ。ざっと見た感じでは女性ファッションや週刊誌、車関係が充実している印象ですね。

私は釣りとIT家電の雑誌が読みたかったのですが…釣り系は2冊しか無かったですwちょっと今後増えるのを期待したい所です。

雑誌のジャンルは今のところ11ジャンルでやっぱり女性カテゴリは充実してる感じですね、各カテゴリの主な雑誌を挙げてみます。女性の雑誌は何が人気なのかわからないので…ざっくりですいません。

女性ファッション…「AneCan」「LEE」「Ray」「JJ」などなど他にもいっぱい。

男性ファッション…「MensNON-NO」「GQ JAPAN」「MensJOKER」

女性ライフスタイル…「Hanako」「クロワッサン」「anan」「ELLE mariage」

男性ライフスタイル…「casa」「世田谷ライフ」「HotDog」

グルメ.トラベル…「OZmagazin」「おとなの週末」

趣味娯楽…「ムー」「ベストカー」「声優アニメディア」

家事、インテリア…「CHANTO」「オレンジページ」

ニュース、週刊誌…「女性自身」「SPA」「週間現代」

ビジネス、経済…「ダイヤモンド」「東洋経済」

IT、ガジェット…「GetNavi」「MacFan」

スポーツ、アウトドア…「Tazan」「週刊プロレス」

各カテゴリー他にもまだまだいっぱい雑誌ありますけど、私基準で聞いた事がある雑誌、知ってる雑誌をチョイスしました。特に女性ファッションとライフスタイルはまだまだ有りますが…ざっくりこんなラインナップですね。

雑誌のバックナンバーも読める

最新号以外にも過去に発売されたのも読めます。最近発表されたサービスですからバックナンバーは充実していませんが、今後バックナンバーの蔵書も増えていくハズです。

ただし雑誌ごとに配信期限を儲けてるようで、長い雑誌では発売されてから1年程バックナンバーを公開してるようですが、多くの雑誌は1週間〜3ヶ月でバックナンバーの配信をやめてしまいますね。ですからいつまでも読めるってわけじゃなさそうです。

楽天マガジン配信

 

このバックナンバーの配信期間は雑誌によってかなりバラつきがあります。

あと繰り返しになりますが、今までのバックナンバー全てを見れるわけじゃないって事、このサービスが始まった2016.8月のバックナンバーから読めるようですね。

登録出来る端末は5台まで!スマホ&タブレットオンリー

1つのアカウントで登録出来る端末は5台までです。ですから奥さんや子供も家族みんなのスマホやタブレットで雑誌見放題になるわけです。ただし楽天マガジンを見れるのはスマホとタブレットのみ。

アプリを介してしか雑誌を見れず、PCのブラウザ画面では閲覧不可なので見る時は専用アプリで見ることになります。まぁPCで雑誌読むって中々無いですよねw

楽天市場とKobo利用時のスーパーポイントが2倍

楽天マガジンに加入している期間は楽天市場とKoboで買いものをした際のポイントが2倍になります。楽天ユーザーの人は結構ありがたいかも。万単位の買い物をする時は380円位はポイントで元が取れちゃいますね。

楽天のダイヤモンド、プラチナ、ゴールド会員は楽天マガジンの料金支払い時のポイントも2倍になるそうです。

楽天お得意のポイントキャッシュバックは利用したほうが良いですよ、私の中では楽天スーパーポイントはネット上では最も現金に近いポイントの1つだと思ってます。T-pointより上。

楽天マガジンの登録方法

先ほどアプリでしか読めないと言いましたが、登録はPCで行います。PCで登録→アプリダウンロード→読む

この流れです。まず登録は公式サイトから行います→楽天マガジン

申し込み自体は超簡単!公式サイトから申し込みをクリックします。その後、楽天IDとパスワードを入れて利用規約に同意してOK(画面キャプチャ忘れ 汗)その後にアプリをインストールします。

ios端末はコチラ

Android端末はコチラ

アプリの設定方法

楽天マガジン アプリ設定画像

1.インストールしたらアプリを開いて楽天のIDでログインするとこの画面に。好きな雑誌のジャンルを選びます。私はスポーツアウトドア、ITガジェット、経済ビジネスを選択。

2.ジャンルを設定するとこの様な画面に!さっき選択したお気に入りカテゴリーは上部に有ります。このあと好きな雑誌を選んでダウンロード後読める様になります。

楽天マガジンの注意点など

沢山の雑誌

使ってみて色々と気づいた事があります。確かに雑誌がどこでも読み放題で、値段も安いので非常に使いやすいサービスですが…ココは覚えておいた方が良い注意点などを。

特に解約の方法とかちゃんとサイトにもアプリにも載せてないですからねw最後に楽天マガジンの解約方法も載せておきます。

まるごと一冊読み放題じゃないってこと

よく考えたら当たり前なのですが…雑誌の最新号全ページ読み放題じゃないです。

そしたら誰も雑誌買わなくなりますからねw1冊をデジタル配信用に短く編集して配信してます。イメージとしては雑誌1冊分のコンテンツの内、楽天マガジンで読めるのは30%〜50%くらいじゃないかなと思います。

本来なら3本立てで特集した内容のうち1本〜2本だけ見れるって感じです。(私の体感ですが)

だから立ち読み感覚で見る感じですね。そのかわり色々な雑誌を少しづつ沢山読めるので情報量は多いですよ。本屋で立ち読みする感覚ですね、あと雑誌巻頭の広告とかも入ってます。

スマホの画面じゃ雑誌はキツイ

私だけかもしれないですが、雑誌を読む時ってそのページの写真とかも一緒に見たいんですよね。特に釣り雑誌とか文章でその時釣った状況やルアーの話をしていて、文のすぐ近くに実際釣った魚の写真があると凄くイメージが湧くんです。

でもスマホで見るとまずレイアウトが小さくて文が読めない。だからズームして文を読むんですが、画面いっぱいに文字だけになって今度はせっかくの写真が見えない。

楽天マガジン ズーム

※iPhone6sでの画像ズームにしないと文字が見れないがズームにすると写真が見えない。

iPad mini2で見てみたらなんとか読めましたが…出来るなら10インチクラスのタブレットで読んだ方がストレスがたまらないかもしれませんね。コレ楽天マガジンだけじゃなくてデジタル配信してる雑誌全部に言える事ですけどね。スマホで雑誌はキツイ。

雑誌をダウンロードするなら自宅の方が良い

楽天マガジンのアプリから見たい雑誌をダウンロードするのですが、毎回雑誌を読む度に通信量を使います。そんなに軽い通信量じゃないんですよね。試しに雑誌一冊をダウンロードする際に消費した通信量を測って見ましたが。

週刊プロレス(116ページ)で50MB、週刊ベースボールマガジン(102ページ)で40MB程の通信量でした。

毎月3GB以下のスマホ契約だったりすると地味に痛い通信量です。外出先で読む場合は自宅Wi-FiやWi-Fiスポットで接続してダウンロードするのがベターかと思います。

ダウンロードした雑誌は端末のストレージを圧迫する

アプリ自体の容量は50MB弱なのですが、雑誌をダウンロードすればするほどアプリの容量が大きくなっていきます。この辺はKindleやiBooksなどの電子書籍リーダーと一緒ですね。

5冊ほどダウンロードして容量をみてみたら雑誌5冊で657MBでした。やっぱり結構容量使いますねw

楽天マガジンの容量

こまめにアプリ内で読み終わった雑誌を削除すれば問題ないのですが、端末容量が16GBとかだとすぐに容量を圧迫してしまうので注意が必要です。一応アプリ内の雑誌の削除方法を載せておきます。

 

楽天マガジンでダウンロードした雑誌の削除方法

楽天マガジンの雑誌削除方法画像

1.ホーム画面から右下のマイページを開く

2.ダウンロードした雑誌一覧が出るので削除したい雑誌のゴミ箱アイコンをタップ、削除でOK!

楽天マガジンの解約方法

解約の項目が見当たらないんですよねwQ&Aを見ると「解約ページから解約して下さい」と書いてあるだけで実際に解約ページなんてアプリ内にありません。

楽天マガジンはアプリ内から解約出来ないようなので解約の際はWEBの公式ページから解約になります。

楽天マガジン 解約手順 画像1

1.公式ページに行ったら右上のマイページをクリックします。

楽天マガジン 解約手順 画像2

2.料金プランの項目の「解約はこちらから」をクリックします。

楽天マガジン 解約手順 画像3

3.解約をクリックして解約します。

本当に解約ページ小さいしアプリ内から解約出来ないしでわかりにくいのですが、これで解約出来ます。

楽天マガジンを使ってみた感想

まだリリースされて日にちも浅いですが使ってみた感想は…私には使いにくいというのが感想です。先ほど言った通りスマホでは雑誌はキツイです。理由はテキストと画像が一緒に見れない為。

楽天マガジンだけじゃなくデジタル配信されてる雑誌全部に言えますがタブレット有りきのサービスなので、タブレットを持ってない人はわざわざタブレットを買う程の事はないかもしれません。

個人的には雑誌は端から端まで読みたいので、好きな雑誌はやっぱりまるごと読みたいのです。ちょっとしたコラムや広告ページも細かに目を通したい私にはあまり向かないサービスかなと思います。

とは言え沢山の雑誌に多く目を通したい人には良いと思います。料理のレシピとかファッションとか。あとは月額料金は安いですし試しに31日間は無料ですからどんなもんか試してみてはどうでしょうか?私は無料期間で退会すると思いますw

電子書籍に関しては以前にKindleとiBooksの記事を書きましたので、読み放題以外に電子書籍を使いたい方はコチラをどうぞ!

関連 KindleとiBooksを比較!電子書籍を読むならどっち?

ちなみに楽天は微妙なサービスもありますがお得なサービスも沢山あります。愛用していた楽天レンタルという破格でCDをレンタル出来るサービスがあったのです先日残念ながら終了してしまいましたw

最近のおすすめサービスは学生さん限定で楽天のサービスをかなりお得に使える楽天学割です。お金は掛かりません。あまり知られてませんが楽天市場やトラベル使うなら一度見ておいた方がイイです。むちゃくちゃ得しますよ。

学生で楽天ユーザーの方はコチラの記事も合わせてどうぞ!

登録しといて損は無し!楽天学割のメリットまとめ
引用:young.rakuten.co.jp楽天で気になる新たなサービスが始まりましたよ、その名も「楽天学割」。私のようなおっさんは入会出来ませんが、15歳以上の学生さんを対象に...

それではまた!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
ぷらんちゃ

ぷらんちゃ

一般のサラリーマンです。2015年4月からこのブログはじめました。日常の気になった事、興味のある事、iPhoneとかアプリとか。括りなく雑多に色々書いています。良かったらみて下さい!