0 Shares

iphoneをオークションに出品!その際に注意する6つの事

iPhone オークション 出品 注意

オークションでiPhoneを出品する際にこれだけは注意しないと後々面倒な事になる6つの事を紹介したい思います。中古市場でもiPhoneの場合、人気カテゴリーですので、現行モデルであれば10万以上で取引される事もザラです。

そんな高額商品ですから購入者も神経質になりますし、販売した方も高額商品がキャンセルとかになるのは痛いですよね〜、後々のクレームも避けたい所です。

そんなリスクを軽減する為に今回この記事を書きました!特に初めてオークションにiPhoneを出品するって方は要チェックです!この知識は「売る」だけじゃなくiPhoneを中古で「買う」時にも役にたつので覚えていて損は無いはずですよ。

【関連記事】中古でiPhoneを買う際に絶っっ対注意しなきゃならない3つの事

スポンサーリンク

 

iPhoneをオークションに出品する前にチェックしておきたい事はコレ!

詳細な事は書かずに「使用感あります、ノークレーム・ノーリターンで」みたいな出品者がいますが私なら絶対に買わないです。パーツだけが欲しいなら別ですが、数万もする商品をそんな適当な奴には入札したくないと思うハズですよね。

購入者は評価と共に、どれだけ細かく詳細を書いているかをチェックします。誰だって少しでも安くiPhoneが欲しいのは当たり前です、だからオークションで買おうとしているのです。

ですが値段だけではオークションにズラッと出品されたiPhoneの中からあなたの商品に入札する理由になりません、入札するにはしっかり詳細が記載されてある事が前提です。

特に以下の6つの事はiPhoneがちゃんと使えるかどうかに関わる大事な項目です、単に外観がキレイとか使用期間が短いとかよりも、携帯電話としてちゃんと機能するのかという事をしっかり購入者に証明する大事な事ですのでしっかりチェックしてちゃんと商品説明に記載しましょう!

IMEI番号を記載する

IMEI番号とはiPhoneを管理する番号でどのiPhoneでも必ず振り分けられています。次に説明するネットワーク制限の有無を購入者が確認する上でも必要になるので、明記したほうが絶対いいです。

IMEI表示方法

IMEI iPhone

1.ホームから設定を選択します

2.一般を選択します

 

IMEI 表示方法

3.情報を選択します

4.下の方に進むとIMEIと書いてる番号があるのでこの番号を商品説明欄に記載しておきましょう!

 

 

ネットワーク制限の有無は?

今出品しようとしているiPhoneはネットワーク制限が掛かっていないかどうかをしっかり明記したほうが良いです。ネットワーク利用制限とは元々携帯電話が犯罪に使われないようにする為の仕組みです。携帯会社が携帯電話の利用を制限する為に使います。

ネットワーク利用制限は◯、△、☓で表示されますが、iPhoneを分割で支払い中の場合は△が表示され、スマホが詐欺や犯罪、または分割払いが滞り支払ってない状態になると☓が表示され二度と元に戻せなくなります。☓になった状態がネットワーク利用制限が適用された状態になります。

このネットワーク利用制限が◯のiPhoneのほうが△よりも高値がつきやすいですし、そもそも分割支払中のiPhoneをオークションに出品するのはオススメ出来ません。トラブルの原因になりますので購入する方も△表示のiPhone(分割支払い中)には入札しないほうが無難です。

ネットワーク利用制限の確認方法は各キャリア共に先ほどのIMEI番号を各サイトで入力すればOKです。

 

 

商品代金を払い終えて残債なしだとこの様な表示がでます、画像はSoftBankのサイトです。

IMG_0081-e1445218348957

現在のネットワーク利用制限の状態を必ず説明欄に書くようにしましょう、購入する場合も同じ様に買うスマホがネットワーク制限に掛かってないか自分でチェックしたほうが良いです。

iPhoneを探す をオフにする

iPhoneを紛失したり盗難された時に場所を特定する機能でiPhoneを探すという機能があります。これを必ずオフにすること!これをオンにした状態で、iPhoneを初期化して出品したとしても、購入者はiPhoneを使う事ができません!実はiPhoneのオークション取引で一番多いトラブルがコレ。

これをオンにしたまま販売すると、前所有者のAppleIDと端末がまだヒモ付けられている状態で、購入者は自分のAppleIDでiPhoneを使う事ができないんです。

前所有者のAppleIDを聞いて購入者自身でiPhoneを探すをオフにするか、前所有者にもう一度送り返して解除してもらうしか方法がありません。

クレーム&最低評価GET間違い無しの地雷ですので必ず処理しておきましょう!iPhoneを探すをオフにする方法は以下の通り

 

iPhoneを探す オフ操作方法

 

iPhoneを探す オフ設定

1.ホームから設定を選択します

2.iCloudを開きます

 

iPhoneを探す オフ方法

3.iPhoneを探す をタップ

4.iPhoneを探す 最後の位置情報を送信 2つをオフにします

これで終了です、20秒位で出来ます、この作業を行った後に初期化しましょう。オークションの商品説明欄にはiPhoneを探す(もしくはアクティベーションロック)はオフにしてありますと記載しましょう。

iPhoneを工場出荷状態に戻す

これは当たり前ですが出品する際にはiPhoneを初期化する必要があります、だって買った人ログイン出来ないし使えませんからね。当たり前過ぎるので説明しませんがとにかく初期化して下さい!

iPhoneの初期化(工場出荷状態)する方法はこちら

IMEI iPhone

1.ホームから設定を選択します

2.一般を選択します

 

iPhone リセット 手順

3.リセットを選択します

4.すべての設定をリセットを選択、この時すべてのコンテンツを選択すると工場出荷状態にできませんので間違えないで下さい。

 

iPhone 工場出荷

5.パスワードの入力を求められます

6.すべての設定をリセットを思い切ってタップするともう一度聞かれます。再び思い切ってタップしましょう。その後はリンゴマークが出て初期化が始まりますよ。

購入日と本体補償の有無を明記

iPhoneに限らずですが…購入してから1年間はメーカーの補償が付帯します、中古でiPhoneを買う人も少しでも補償期間があるのなら少しは安心して入札できると思います。

ですから購入日を記載して保証がどのくらい残っているのかを説明欄に書いておいたほうが良いです。

保証状況とサービス期間を確認する

また、AppleCare+に加入してる場合も必ず記載したほうが良いです、いわゆる延長保証です。Applecare+はiPhoneの所有者が変わっても有効なサービスですので、期限が残っている場合は他の出品者と差別化出来ます。

【関連記事】意外と知らない?中古で買ったiPhoneのAppleCare+は有効なの?手続きは?調べてみたよ

付属品の確認と欠品しているモノの確認

最後にiPhoneの付属品もチェックしておきましょう。iPhoneを買うとついてくるモノはこれら

■イヤホン(Earpod)

■Lightningケーブル

■充電器

■SIMピン

■箱

ちなみにメーカー保証やApplecare+は付属品のイヤホンやケーブルにも保証が付きますので付属品に漏れが無いかをしっかりチェックします。

気をつけたいのは箱ですね、IMEI番号が箱にも書かれてますが、家族のiPhoneの箱と間違えたりして本体と違うIMEI番号の箱で送ってしまうとクレームになるかもしれません。

箱の番号と本体の番号を照らしあわせておきましょう。

これでチェックすべき5つの項目は終わりです、本体のキズや動作確認はしっかり行っている前提で書いてますので、その辺はしっかり行って下さいね。

 

オークションに出品するのが面倒だなって思った人は…

pexels-photo-medium

「うわぁ〜iPhone出品すんのめんどくさっ」って思った方もいるんじゃないでしょうか?実際私も結構手間が掛かると思います。もっとカンタンにiPhoneを売りたいって人はネットで買い取りサービスを使ってみてはどうでしょうか?

ネット買取では買い取りフォームに入力してiPhoneを配送します、コチラの会社は配送料無料、見積もりを取った人はキャンセルした場合の返送料も無料だそうです。つまり無料で送って買い取り金額が気に入らなければ返してもらう事が可能です。>>スマホ買取ネット

またジャンク品のiPhoneもしっかり買い取りしてくれる会社もあります、ヒビが入っていたり動作不良でもちゃんと買い取ってくれるようです。最初から故障の症状によって買い取り金額が決まっており、わかりやすい買い取り金額が人気のようです、>>画面の割れたiPhoneでも、今ならまだ売れます【UruMart】

こういったサービスを利用してみるのも良いかもしれませんね。iPhone以外のスマホも買い取りしいますよ。見積取って気に入らなければキャンセルで良いんですから気楽ですよね。

 

まとめ

 

■IMEIを確認、記載する

■ネットワーク利用制限を明記する

■iPhoneを探すをオフにする

■購入日や保証の有無を明記する

■付属品の確認

 

少し手間に感じるかもしれませんね、ですが販売後にクレームに繋がる事を考えるとこの5つは必ずチェックしておくべき項目です。チェックや記載を怠った結果、問い合わせ対応したり、落札者からクレームが来たりするのは後々面倒くさいです。

これらの事がしっかり書かれている出品者に購入する方は比較的安心して入札を入れる事が出来ると思いますよ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
ぷらんちゃ

ぷらんちゃ

一般のサラリーマンです。2015年4月からこのブログはじめました。日常の気になった事、興味のある事、iPhoneとかアプリとか。括りなく雑多に色々書いています。良かったらみて下さい!