2016/10/212 Shares

格安SIMが店頭で契約出来る!MVNO店舗窓口一覧表

格安SIM 店頭契約

格安SIMの申し込みはネットでの申し込みオンリーと思って人は多いかもしれません。実際は店頭でも申し込みが出来ます。ネットでの申し込みに不安を感じる方はちゃんと対人窓口がある店舗で契約するのもアリですね。

IIJmioなどはネットで申し込みするよりもイオンモールで契約する方がキャンペーンでお得だったりします。今回は格安SIMの店頭窓口対応の一覧表を作りました。ネット契約が不安だったり直接質問などをしたい人は店頭での申込も選択肢に入れてみて下さい。

関連 【格安sim基礎知識】mvno(格安sim)って何?わかりやすく説明します。

スポンサーリンク

 

格安SIM店頭契約一覧

MVNO概要窓口設置店舗必要な書類
IIJmio全国のイオンモールに窓口設置、最近は郵便局でも一部取り扱い店頭窓口の詳細 詳細
BIC SIM(IIJmio)ビックカメラ内の専用カウンターで契約出来る。全国のビックカメラで契約出来る店頭窓口の詳細詳細
BIGLOBE一部家電量販店とイオン店頭で受付出来る。※別途枠下に記載店頭窓口の詳細詳細
楽天モバイル家電量販やイオンの中以外にも独立した専用店舗で展開している。専用店舗の満足度はかなり高い店頭窓口の詳細詳細
FREETELヨドバシカメラなどで契約可。オリジナルのSIMロックフリー機の評価が高い店舗窓口詳細
UQモバイル(au回線)ケーズ、ジョーシン、ヤマダなど全国の家電量販店の一部店舗でその場で開通可店頭窓口の詳細詳細

BIGLOBE SIM forイオンの場合は音声通話の場合即日開通出来ない場合があるとの事、詳細は現地店舗に確認してほしい、最近内容が変わってBIGLOBEの方でもちゃんと把握してないっぽいです

※チャット、電話問い合わせ確認

格安SIM契約方法とその流れ

 

通常のネット申し込みの手順と店頭申込の手順を説明します。やはりネット申し込みより店頭申込の方が簡単でスムーズに契約が完了出来ます。簡単に手続きの流れを確認します。まずどちらも共通するのはMNPで格安SIMに転入する際はMNP予約番号を自分で取得しなければなりません。

なおMNP予約番号を取得したからといって必ずMNP転入しなければならないわけでは無く、2週間がすぎれば自動的に予約番号は消滅します。

格安SIMのネット申し込みの場合

格安SIM ネット申し込み

まずネット申し込みの場合はSIMパッケージをAmazonなどで買うか、家電量販店で買います→その後自分でネット上で住所やクレジット番号などの入力を行います→スマホの設定(APN設定など)を自分で行います→めでたく開通

多分初めてネットで何かのサービスを申し込む方や、そもそもスマホやネットの事に明るくない方は申し込みや設定の所でつまずく事が多いと思います。その際は自分で調べて開通しなければなりません。

逆にネットやスマホの設定、申し込みが慣れてる人は苦戦すること無く設定出来ると思いますよ、特別難しい事はありません。

格安SIMの店頭申込の場合

格安SIM 店頭申込

店頭契約対応のお店でSIMパッケージを購入します→お店の人が申し込みや手続きをやってくれる→開通※IIJmioをイオンで契約した際は1時間程で終わりました。

手順としてはかなり早いです、必要書類とMNP予約番号を持って店頭に行くだけです。なお端末の設定はやってくれる店舗とやってくれない店舗があります。事前に確認しておきましょう!

格安SIMを店頭で契約する際のメリット

手続きを代行してもらう以外に店頭契約のメリットはどんな事があるのでしょうか?その他にもメリットを挙げてみます!

格安スマホを店頭で直接触れる事

店頭に端末があれば実際にスマホを触って試す事が出来ます。ネットでも端末セットの申し込みが出来ますが、自分の欲しい端末を触った事が無いのであれば、いきなり端末を買うのに抵抗がある人もいるでしょう。

家電量販店や楽天の専用窓口には常時端末が触れる様になっているので、端末セットを考えてる人は是非触って見ましょう。イオンの場合は店舗に対応端末が無かったりする場合が有るようです。なるべくなら直接触って買いましょう。

直接不明な点が聞ける

サービスについての不明点など、直接スタッフの人に質問出来ます。ただあくまでも契約窓口なのであまり格安SIMに関して詳しく無い店員さんもいますよ、家電量販店などは詳しいでしょうが、イオンなどはどうでしょうか。※私の時は質問してもあまり詳しくはわからない様子でした。

店舗窓口だけのキャンペーンがある事も…

イオンで契約するIIJmioで私も契約したのですが、正直かなりお得でした。24ヶ月✕1GB増量でしたので、今もありがたく契約当初の恩恵を受けています。これは逆も然りで、店頭ではやってないキャンペーンもネット限定でやってる場合がかなりあります。

やはり「慣れない」「上手く設定出来るか不安」など1人で設定するのが微妙であれば店頭窓口で契約するのが良いかと思います。ただし端末を一緒に購入するとSIMカードの設定までやって送ってくれる所が今は殆どですから、端末も一緒に購入する場合はネットも見てみましょう!

関連 価格だけじゃない!ドコモから格安SIMにMNP!おすすめはこの3社

格安SIMを店頭で契約する際のデメリット

いいことばかりじゃないです、デメリットも有るんです。格安SIMの店頭契約ではどんなデメリットがあるのかを確認しておきましょう。

契約出来るMVNOが限られる

すべてのMVNOが店頭窓口を用意している訳じゃないんです、業界最安値を宣伝文句にしているDMM mobileは店頭窓口を設置していませんし、au、docomo両方の回線プランを用意しているmineoもそうです。その他ぷららモバイルやb-mobileも店頭窓口を用意していません

そういう意味では多様性が売りの格安SIMで選択肢が狭くなってしまいます。

契約窓口はキャリアの窓口じゃない

あくまでも店頭契約の窓口は契約窓口であってアフターサービスの窓口ではないです。格安SIMの安さの理由の理由にもなりますが、docomoショップのようなアフターサービス用の施設はありません

。基本的に問題は自分で解決しなければなりません。そういう意味では自分でネット申し込みをした方が契約方法や内容、格安SIMの仕組みをより深く理解出来ると思います。

ネット申し込みならではのキャンペーンが有る

値引きやキャンペーンは基本的にネット申し込みの方が優遇されます。例えば今現在ですとBIGLOBE SIMでは半年利用すると1万円キャッシュバックキャンペーンを行っていますが、同じ契約でも店頭での申込は対象外のようです。※11/18 問い合わせ確認

この様にプランによってはネットの方がお得に使える事が多々あります。自分の加入するプランはどうなのか事前に確認しておきましょう!

まとめ

・格安SIMの店頭申込はほとんどお店の人がやってくれる

・面倒な事は無く1時間位で開通する

・MNP予約番号は自分で取得

・ネット申し込みの方がキャッシュバックや割引が多い

店頭申込の窓口を増やしてるMVNOはどんどん増えていってますし、家電量販店でもかなりの店舗が店頭契約を取り扱ってます。ネットで面倒な手続きを自分でする必要も無いわけですね。

ですが窓口を持っていないMVNOは選択肢から外れますのでプラン選択の幅が狭くなります。その他キャッシュバックや割引が受けれなくなる場合もありますので注意が必要ですね。

キャンペーンなどは最大限利用しつつお得に格安SIMを使いましょう!

関連 【クレカ不要!】格安SIM、MVNOの口座振替対応一覧

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
ぷらんちゃ

ぷらんちゃ

一般のサラリーマンです。2015年4月からこのブログはじめました。日常の気になった事、興味のある事、iPhoneとかアプリとか。括りなく雑多に色々書いています。良かったらみて下さい!