2016/10/272 Shares

【クレカ不要!】格安SIM、MVNOの口座振替対応一覧

PAK93_maxsquer20140531-thumb-815xauto-17167

格安SIM、MVNOに変更する際必要となるのがクレジットカードです。もうネットで買い物するにもなんにせよクレジットカードは必須ですよね。

ですがクレジットカードが作れない学生さんや収入の低い方こそ格安SIMが必要なハズなのにクレジットカードが無いと格安SIMを使えないなんておかしいです。

そこで今回は格安SIM MVNOで口座振替(銀行引き落とし)、VISAデビットカード引き落としに対応したMVNOの一覧表を作りました。

ホームページやネット上の情報を私なりに整理し、不明な点や詳細は直接問い合わせました。どちらにも対応していないMVNOも記載していますがご了承下さい。

ちなみに記事中に出てくる割賦払いとはスマホ本体の分割24回払いの事です。

現金主義者、学生さんや主婦の方、色々な理由でクレジットカードを作れ無い方は是非御覧ください。クレジットカードが無くても携帯料金は安く出来ます。

スポンサーリンク

 

MVNO 格安sim 口座引き落とし一覧

※銀=銀行口座引き落とし対応

※デ=VISAデビット月次引落し対応

MVNO名備考
IIJmio※2015.12/23 IIJmioよりデビットカードでの新規契約は今後行わないとの案内あり
DMMmobile
クレジットカードのみ
※電話問い合わせ
OCNスルガ銀行VISAデビット、楽天銀行VISAデビットで決済可能。その他7社詳細及び追記参照
BIGLOBE SIM引き落としはデータプランのみ、通話プラン及び端末セットプランはクレジットカード決済のみ※11/7 チャット問い合わせ
楽天モバイル楽天VISAデビット、スルガ銀行VISAデビットは通話プラン、データプラン共に決済可能。端末割賦払いはクレジットカードのみ対応※11/9メール問い合わせ
mineoクレジットカードのみ※ チャット問い合わせ
so-net mobileクレジットカードのみ※11/7電話問い合わせ
hi-hoFAQに記載
nifmoFAQに記載
UQmobileFAQに記載
b-mobileFAQに記載
ぷららモバイル通話プラン、データプラン共に引き落とし対応。詳細及び追記参照※メール問い合わせ

詳細及び追記事項

BIGLOBE SIM

※BIGLOBEに問い合わせた所、データ通信専用は引き落とし専用ですが、通話プランや端末セットの割賦払いなどはクレジットカード決済のみです。

ビッグローブ_-_チャットウインドウ

IIJmio

※11/7 IIJmioの場合、口座振替は対応していませんが月次決済対応のデビットカードならすべての支払い(端末セットの割賦決済も)対応してるようですね。

※追記 2015.12/23にIIJmioより案内がありデビットカードでの新規契約は今後行わず、今後はクレジットカードのみの契約とするとの事でした。

ぷららモバイル

ぷららモバイルにメールで確認した所、ぷららは口座引き落とし決済を選択する場合は、ぷらら入会センターという所に電話で申し込まなければならないそうです。こちらに入会センターの番号や詳細が書いてありますので確認してください→ぷらら入会センター

通話プラン、データプラン共に口座引き落とし対応との事です。

 OCNモバイルはデビットカードも口座引き落としも対応

電話問い合わせしました。口座引き落としの場合は本人確認用紙と口座振替依頼用紙を郵送で送ってからの利用開始となるようです。通話プラン、データプラン共に口座引き落とし対応との事です。

デビットカードは9つの銀行が発行しているデビットカードが対応しているとの事でした。ですがオペレーターの方の言い方は「9つの銀行の一部デビットカードが対応」との言い方でした。

わかりにくいので聞き返しましたが同じ回答でした。以下オペレーターの方が言っていたVISAデビットを発行している銀行は以下の通りです。

・スルガ銀行・楽天銀行・イオン銀行 

・ジャパンネット銀行 ・三菱UFJ銀行 ・りそな銀行

・埼玉りそな銀行 ・近畿大阪銀行 ・あおぞら銀行

以上9つです。おそらく上記の銀行が発行しているVISAデビットは使えると思うのですが一部が使えるとの言い回しでした。OCNモバイルを申し込みの際に上記銀行のデビットカードを持っているのであれば申し込んでみてはいかがでしょうか?

楽天銀行の発行するVISAデビットカードは使えたとの書き込みがあり、楽天銀行は実際に月次の引き落とし決済に対応している為、新たにデビットカードを発行して申し込むのであれば楽天銀行のVISAデビットカードがオススメです。なお端末割賦払いの際はクレジットカードのみですのでご注意下さい。

楽天モバイルが新たに口座引落対応!

2016/11〜の利用料金から銀行口座の引き落としに楽天モバイルが対応しました!現在クレジットカードやデビットカードで利用中の楽天モバイルユーザーもメンバーズステーションから支払い方法の変更が出来ます。

楽天モバイルを利用するメリットは楽天スーパーポイントが多くもらえる事、速度にこだわらなければ低速通信専用で月々500円〜のプランがある事など、まさに主婦や学生さんにピッタリの格安SIMです。

注意点はOCNモバイルと同様に端末の割賦料金の支払いはクレジットカードになるので、格安SIM+新スマホの場合はクレカ払いになりますので…。今持ってるドコモのスマホを使ったり、SIMフリーのスマホを用意する必要がりますのでご注意を。

関連 ドコモから格安SIM(MVNO)に転入なら楽天モバイルが最有力!その理由とは

楽天モバイルは元々デビットカード決済も対応

楽天銀行で発行出来る楽天デビットカードでも支払いが可能です。口座引き落としよりもデビットカード払いの方が楽天モバイルポイントが少し多くもらえて、他のネットショップでの支払いにも使えるので便利かなとも思います。

ですが口座開設から更に発行にも時間が掛かるため「今すぐ格安SIMに!」って人には向かないかもですね。楽天銀行はOCNモバイルでも引き落とし対応しているので、楽天モバイルもせよOCNにせよ引き落とし口座として使いたい人にオススメです。

公式 楽天銀行

クレカを使わず格安SIMを利用するならOCNか楽天の2択!

口座引き落としもデビットカードも対応しているOCNモバイルか、新たに口座引落も対応になった楽天モバイルのどちらか2択でしょう。格安SIMのシェアNo1とNo2ですからどちらも最大手です(楽天モバイルがNo1)

それでどっちに契約すればいいのかですが…個人的には楽天モバイルじゃないかなと思います。楽天スーパーポイントが貰えたり低速通信の最安値プランがあったり。

他にも絵文字が使えるキャリアメールを用意していたり店舗数は多くないものの、実店舗を構えて窓口を用意していたりと初めて格安SIMに移行する人にはハードルは低くメリットは大きいかなと思います。ネット限定のキャンペーンも頻繁に行っているので公式サイトで確認をしてみて下さい。

公式 楽天モバイル

OCNモバイルは1日/110MBを上限に使える人気のプランに加え、先日無料で公衆Wi-Fiを利用出来るようになりました。駅や空港、カフェで無料でWi-Fiに繋げられるので通信量の節約になります。

公式 OCN モバイル ONE

まとめ

クレジットカードを持っていた方が多くの格安SIMを契約出来ますが、銀行口座かデビットカードを持っていれば問題なく利用出来ます。

しかも口座対応とデビット両方対応しているのが大手企業のOCNモバイルと楽天モバイルなので安心感がありますよね。自分の使い方に合わせて選択したい所です。

ただし注意したいのは、使うスマホは自分で用意しなきゃならないって事ですね。docomoのスマホがあればどちらの格安SIMも使えるハズです!

中古でも昔使ってたスマホでも、LTE対応のスマホなら使えると思いますが、契約前に対応機種は各サイトで必ず確認してくださいね。逆にdocomoのスマホが無いのであればSIMフリーのスマホを用意するのもアリです。

ヨドバシなどの家電量販店で1万ちょっとで購入出来ます。

主婦の方も学生さんも、スマホを安くするのにクレカも高い端末も要りませんよ!まずは自分に合ったプランを探して高いスマホ料金を安くしましょう!

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
ぷらんちゃ

ぷらんちゃ

一般のサラリーマンです。2015年4月からこのブログはじめました。日常の気になった事、興味のある事、iPhoneとかアプリとか。括りなく雑多に色々書いています。良かったらみて下さい!