2016/10/151 Shares

iPadをサブディスプレイ化するアプリDuetDisplayの使い方

DuetDisplay mac

デュアルモニターいいなぁと思った矢先にこのDuetDisplayを見つけました!もうタイトル通りなんですがiPadやiPhoneをサブディスプレイとして使えるようにするアプリの紹介です。MacはもちろんですがWindowsPCでも同じようにiPadをサブディスプレイとして使えます。

Macで試しに導入して見ましたが…超便利ですwこれはいい!画面の小さいMacBookが一気に広くなりました!何より遅延もなければ設定も超簡単です。

PCにDuetDisplayダウンロード→iPadにアプリダウンロード→つなぐ。大雑把にコレだけです。という訳でDuetDisplayの設定方法や使った感じなどをザックリとレビューしていきますよー

スポンサーリンク

iPadをモニター化するDuetDisplayの設定方法

実はiPhoneでもモニター化出来るのですが、あんまりiPhoneを使ってサブモニターにしてもメリット無さそうですよね。私の余ってるipad2をサブディスプレイとして使ってみます!

DuetDisplayはios7.0以上対の端末に応していますのでiPadでしたら初代iPad以外は普通に使えます。(初代ipadはios5.11までしかサポートされずorz)

まずはPCにDuetDisplayをダウンロード→インストールします。めちゃ簡単です。インストールはコチラのリンクから

参考 DuetDisplay

DuetDisplayをダウンロード、PCへインストール

duet_display_

DuetDisplayの公式を開くとすぐにダウンロード出来るようになってます。私の場合はMacバージョンをダウンロードしましたがWindowsの人は「ダウンロードPC」からダウンロードしてください。

window

ダウンロードが終わったらダウンロードしたファイルを開きます。そうするとPCへのインストーラーが開きますので、というか基本的に開始とかずっと押して行けばオッケーですw

こっからは駆け足でガーっと画像のみで説明です!途中規約もありますので気になる方は目を通しておきましょう。

window_1

↓↓↓

window_2

ココまではあっという間です。ココでMacを再起動するとこの様な表示が出ます。

window_3

これでPCへのインストールが完了しました!次にiPadにアプリをダウンロードして終わりです。画像が並ぶと時間掛かりそうな感じですがココまであっと言う間ですからね。

iPadにDuetDisplayをダウンロードする

説明するほどでも無いのですがアプリをAppStoreからダウンロードします。DuetDisplayは有料アプリの為2400円と決して安い金額じゃないですが、サブディスプレイが欲しい人はオススメですよ。

モニター買うよかよっぽど安いです!昔買ったiPad余ってる人とか結構居るんじゃないですか?

関連 放置してるのはもったいない!使わないiPhoneの活用方法

アプリのダウンロードはコチラのリンクから出来ます↓

Duet Display

Duet Display
開発元:Duet, Inc.
¥2,400
posted with アプリーチ

アプリをダウンロードして起動します。いきなり挨拶されますが、挨拶もそこそこに次へ進みましょう。

「このアプリを使う前にPCにDuetDisplayをインストールしてね」と表示されます。先程PCには先にインストールしているのでココも次へ進んで下さい。

お知らせや新たな使い方を受け取りたい人はメールアドレスの登録を求められますが任意です。接続をクリックしてケーブルでiPadとPCをつなぎましょう!もうコレでほぼ終わりです!

PCとiPadをケーブルで繋いだらiPadのアプリを立ち上げてみましょう!(iPadを充電してるケーブルですよ)

モニター間の遅延もなく非常にスムーズです。※MacBookAirは11インチモデルです

 

DuetDisplayの解析度はどうなの?

サブディスプレイ側の解析度はPCでは無くiPadに依存しますので、当然ですが画素数の高いiPadであればその分キレイに映るハズです。私のTwitter画像でMac側が少しオレンジっぽいと思うのですが、ブルーライトカットのフィルムを貼ってるからです。

ちなみにですが、DuetDisplayを使えるiPadで一番ディスプレイがしょぼいiPad2でも全く問題無いです。第三世代iPadからRetinaディスプレイ仕様ですから使って無いiPadも高画質の立派なサブディスプレイになります。

DuetDisplay&iPadでタッチパネルも使えるの?

iPadをサブディスプレイにしたら画面タッチでも操作出来るんじゃないかと思うかもしれませんが…普通に出来ます!これ結構凄いですよね、リンクをクリックしたりカーソルを動かしたりが指で出来ます。

ですが…OSがやっぱりPC用ですので使いにくいですよね。残念。

PCのマウスもしくはMacのトラックパッドで操作したほうが全然使いやすいですよ。あくまでもサブディスプレイとして使うのが良さげですね、でもiPadAirとかProだとサクサク普通に使えるのかな?

僅かだけどカクカクはする

ほんの僅かなんですがカクつきますね、全然気にならないレベルですが。

Mac側でブラウザのタブを新規で開いてiPad側で閲覧するとすこしカクつきますねー恐らくiPad側の性能に依存するのでしょうか。メモリ512MBのiPad2で多少カクカクする程度ですから、iPad2以後のモデルは気にする必要はないかと思いますよ、iPad2でも全然問題なく使えるレベルですから。

向きは横でも縦でもiPadは最適化される

iPadですから横にしても縦にしてもちゃんと画面の最適化をしてくれます。Web サイト見る時は縦の方が使いやすそうな感じがしますね。

私の場合は主にブログを書くときに他のページを表示しておいたり、PocketやTwitterをサブディスプレイで表示しておきたいので横にも縦にも使いそうですが。

ただしこのアプリをiPadで使うならタブレットスタンドは必須ですよね、逆にスタンド無いと立ってくれないから使えませんw

関連 ダイソーのタブレットスタンドはそれなりに使えるよ!

追加したサブディスプレイはPCから右側に拡張される左に変更も可能

MacにiPadをつなぐとデスクトップが右側に拡張されます。左側に拡張したい場合はMacの場合画面右上のdマークから設定→ディスプレイ配置で左側に変える事が出来ますよ。

MacはDuetDisplayをインストールすると上部右上にこのアイコンが出ますので、これをクリックします。

%e5%86%85%e8%94%b5%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%a4

歯車マーク(設定)をクリックしてディスプレイ配置で拡張を右から左へ移す事が出来ます。iPadの充電口の位置を考えると左側の方が良いのかなー。お好みでどうぞ!

まとめ

結構前からあるアプリみたいですが知りませんでしたwそもそもMacで2面のディスプレイを使う事を考えて無かったのですが、最近ブログ書く際に「もう一枚あったら便利だな」と思ったのがきっかけです。

結果iPadの方に新規ウィンドやTwitter、Pocketなどを常に表示しておけるのがとても便利!

無線でも同じ様に出来るアプリもありますがやっぱり有線の方が安定するようです。確かに遅延も無くストレスを感じないですね。

iPad2の新たな可能性を発掘した感じですwデュアルモニターにしたいけどわざわざ買う程じゃないなって人にオススメですね。それではまた!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
ぷらんちゃ

ぷらんちゃ

一般のサラリーマンです。2015年4月からこのブログはじめました。日常の気になった事、興味のある事、iPhoneとかアプリとか。括りなく雑多に色々書いています。良かったらみて下さい!