0 Shares

みおふぉん(IIJmio)からUQモバイルにMNPしてよかった3つの事

先日みおふぉん(IIJmio)からUQモバイルにMNPをしました!みおふぉんは1年以上利用したのですが、どんどん変わる格安SIMのプランと自分のスマホ利用用途の変化に合わせてUQモバイルへMNPをしました。

UQモバイルにして「すげーよかった!」と言える事が3つありますので、みおふぉんからMNPを考えてる方は参考までにどうぞ。

スポンサーリンク

 

みおふぉんとUQモバイルの料金プランを比較

  プラン パケット かけ放題 シェアSIM 通話アプリ 月額料金
みおふぉん ファミリーシェア 10GB 3分/5分 あり あり 4060円 ※
UQモバイル たっぷりプラン 6GB

あり/コミコミ

無し 無し

2980/3980円 ※

  • ※みおふぉんのファミリーシェアプラン+かけ放題5分の場合の料金
  • ※1年目は2980円2年目以降は3980円

2つのプランを比較するとパケット容量はみおふぉんの方が大きく、複数のSIMカードでデータをシェアできるんですよね。図にするとこんな感じ↓

ファミリーシェアプラン

複数枚のSIMカードが持てるって事はSIMカードが入るタブレットやLTEルーターにも使えるわけで、最近はノートPCやスマートウォッチなんかもSIMカードが入りますから用途は色々広がりますよね。私も色々端末持ってるのでこのファミリーシェアプランはとっても魅力的でした。

関連 家族でも1人でも!IIJmioファミリーシェアプランの魅力

通信量が大きいわりには料金も比較的安くSIMカードも3枚までは月額無料で利用できたのもよかったです。

逆にUQモバイルは複数のSIMカードは持てず1枚のみです。料金は1年目は2980円で2年目からは3980円、パケットは6GBですからコスパで考えるとファミリーシェアプランの方がコスパは高いように感じますが…。

みおふぉんをやめてUQモバイルにMNPした理由

数字だけで見るとみおふぉんの方がコスパは高いように感じますが、なぜ私がUQモバイルにMNPしたか…以下の3つの大きなデメリットを感じたからです。逆に言うとUQモバイルに変更してよかった3つの事とも言えます。

一つずつ解説していきます。

  • 通信速度が遅くなった!特にお昼の時間は使い物にならないレベル
  • 1年以上使っても慣れないみおふぉんダイアル
  • SMSが有料しかも文字数によって金額が上がる

みおふぉんの通信速度が極端に遅くなった

これがUQモバイルに移った一番の理由なんですよね、契約当初はそうでもなかったんですが近ごろ本当に遅くて昼間はネット全然開けないレベルでおそかったです。

最近のお昼12半、一番格安SIMの速度が遅くなる魔の時間ですが、正直この速度では….。ちなみにこの時間帯でUQモバイルは同日同時間で18Mbpsでした(キャプチャ取りませんしでた汗)

極端な速度はそこまで求めていませんが、ネットの利用に支障が出るレベルの遅さはもう耐えられませんでした。

UQモバイルに変更した事でお昼や朝の通勤時間の混雑時も何のストレスもなくネットは使えています。これ当たり前だけど本当に大事で、当たり前に使えている機能が使えなくなるのは本当にストレス。

今後みおふぉんでも速度の改善は行われると思いますが、待っていられないので通信速度の安定感に定評があるUQモバイルにMNPしました。…超速いですねw

みおふぉんダイアルアプリが使いにくかった

みおふぉんの場合、かけ放題も通常の通話もみおふぉんダイアルという音声通話アプリを使って通話します。プレフィックスという方法で通話割引をしているのですがこのアプリがなかなか使いにくく、最初は使っているうちになれるかなと思ったのですが、結局慣れませんでした。

このアプリの最大の欠点は着信に対してアプリ内から掛けなおす事が出来ない事。

どういう事かというと着信があった場合は通常の電話アプリ(緑の電話の)を開いて着信番号をコピー、その後みおふぉんダイアルを開いて番号を貼り付け→発信…。これが折り返し電話の一連の操作でして、めんどくさい。。。

仕事で頻繁に電話がかかってくる時にいちいちコレやってられないので、料金が高いと知りながらも通常発信で電話をかけてました。

ちなみに通常発信は30秒/20円、一方みおふぉんダイアルから電話をかけると30秒/10円になります。通話割引になるのはいいのですが…折り返しが非常に手間でしたね。

UQモバイルはiphoneもandroidも普通の通話アプリから電話した分をかけ放題なり無料通話を適用してくれるので、使い勝手が良い…というかこれが普通なのですが、iphoneの使い慣れた通話アプリを利用できます。これは結構なメリット。これからみおふぉんを利用する人はみおふぉんダイアルに注意です。

関連 通話料値下げアプリ楽天でんわVSみおふぉんダイアル比較!

Wi-Fiが利用できない事

厳密にはビックカメラで契約したみおふぉん(BICSIM)はWi2 300が利用できますが、私の場合はイオンで契約したのでWi-Fi機能は付帯しませんでした。

別にLTEルーターもあるしWi-Fiが使えなくても影響は無かったんですが、先日引っ越しに伴い最近は駅で時間をつぶす時間が多くなりまして。

LTEルーターよりもスポットWi-Fiの方が速いしパケットも消費しないのでスポットWi-Fiが使えればなと思っていました。

さらに今までは会社やその周辺でPCを使う際に必要だったLTEルーターですが、職場周辺のWi-Fi環境が整備され、周辺ではほとんどの場所でWi-Fiがつながる環境になった事もあり、10GBのファミリーシェアプランは使いきれなくなってきたのもMNPを考えた原因です。

まぁこれは完全に私の環境の変化ですが、無料でWi-Fiが付いているUQモバイルは新たな私の環境にぴったりだったんですよね。

公式 ⇒格安スマホならUQ mobile

UQモバイルは特典があったのも決めて

UQモバイルはau回線以外からのMNPの場合マンスリー割という割引が一年間受けられるのと、端末購入アシストを利用すると100円でiphone5sやP9litePremiumなどの機種が購入できるもの大きな魅力でした。

2年間の契約になりますが、複数のSIMは利用できなくなるものの、スポットWi-Fiが使えて新しい端末が手に入って月額料金は安くなりますから大きなメリットです。

今回は格安SIMから格安SIMへのMNPだったのですが、みおふぉんの場合1年使ったらいつMNPしても違約金が発生しなかったのもよかったです。今回私はUQモバイルの2年契約にMNPしましいたが、多くの格安SIMでは1年使えば違約金は取られないので、ちょっと気に入らなかったらすぐにMNPできるのも格安SIMのメリットだと思いますね。

関連 格安SIMから格安SIMへのMNP注意点

 

みおふぉんにするべきかUQモバイルにするべきか悩んでいる人へ

今回私はみおふぉんからUQに移りましたが、今どっちに加入しようかならんでる人もいるかと思いますので、参考までに「こういう人はみおふぉんの方が良い」というポイントを挙げてみます。参考までにどうぞ

複数の端末を1契約で利用する場合

利用する端末が1台じゃなく複数の人はファミリーシェアプランの方がメリットはあると思います。UQモバイルは1契約につき1枚しかSIMカードが持てませんが、スマホにタブレット、お子さんのスマホや奥さんのスマホもファミリーシェアプランでカバーできます。

こういった人はみおふぉんのファミリーシェアプランのコスパは非常に高くなりますので、一度チェックしておいたほうがいいかと思います。

大容量の通信プランを契約したい方

UQモバイルの通信プランはたっぷりプランで6GB(2年間)ですから、ガンガンネットを使う人には物足りないはずです。実際に私も周りのWi-Fi環境が整った事でUQモバイルにMNPしましたが、Wi-Fiが使えなかったら正直6GBでは足りないです。ちなみに「10GBじゃたりないよ!」って人はこちらの記事をどうぞ↓

関連 超大容量!20GB〜30GBのMVNOはこの3社を抑えよう!

みおふぉんに関する詳細なプランは公式サイトで確認してみてください↓

公式 IIJmioモバイルサービス 音声通話機能付きSIM ファミリーシェアプラン

まとめ

  • UQモバイルにMNPして昼間の速度が劇的に早くなった
  • UQモバイルにMNPして電話アプリが使いやすくなった
  • UQモバイルにMNPしてスポットWi-Fiが無料で利用できるようになった

 

2年の縛りはありますがこのままUQモバイルをメイン回線として使っていきます。速度に関してはほとんど大手キャリアと変わらないんじゃないでしょうか?先ほども言いましたけど、極端に速くなくても良いので利用に支障のないレベルで通信してくれればいいのですが….。

複数のSIMカードを利用せずに、単純にかけ放題+高速通信(2or6GB)+新品スマホでOKならUQモバイルの方がいいかもしれませんね。

新品のスマホ込で月々1980円/2980円ですから、金額的な負担もあまりなく新しいスマホが利用でます。今後もUQモバイルに関するエントリーは増えていくと思います。参考にあれば幸いです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう