2017/07/030 Shares

本体にどんな違いがあるの!?ドルチェグストのマシン徹底比較!

手軽に美味しいコーヒーが飲めるドルチェグストですが、カプセルを抽出する本体も数種類ありまして「どれを買えばいいかわからない!」という方も多いと思います。

今回はドルチェグストの本体の違いや価格差、性能やオススメの機種を紹介してみます。

これからドルチェグストを購入しようと思ってる人は本体の違い位は知っておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

カプセルを高圧で抽出するのはどのマシンも一緒

まず最初にどのマシンも仕組みは一緒で、カプセルに圧を掛けてコーヒーを抽出する仕組みに変わりはありません。ですから「高いマシンの方が美味しく飲める」わけじゃないんですね。味に関してはほぼ一緒です。

ほぼ…というのはコーヒーの抽出を手動でストップをするか自動でストップをするかで微妙に変わって来ます。もうちょっとだけ解説します。

ドルチェグストの手動と自動による味の違い

抽出を止めるのが手動か自動か…この違いを知っておいた方が良いかと思います。

ドルチェグストは味によってお湯の量が違うんですよね。例えば私がよく飲むレギュラーブレンドはお湯の量は「4」でアイスコーヒーは「3」のように美味しく飲めるお湯の目安が決まっています。

画像左のカプセルにメモリが書いてあります。これがお湯の量になります。

例えばこのカプセルを飲む場合、自動のマシンは本体メモリを4に合わせればそれでOKなのですが、手動の場合はこの湯量4を自分で止めなければならないんですね

手動の場合はお湯を入れすぎたり少なすぎたりする場合があるわけで味にムラがあると言えます。

「いつも同じ味のコーヒー」を飲みたい人は自動式をオススメします。自動式でも「ちょっと薄くしたいな」と思う場合はメモリを4→5に増やせばOK!なお本体価格は自動の方が少し高いですね。

現在販売しているドルチェグストのマシンを比較!

現在2107/5に発売しているドルチェグストの本体比較一覧です。

販売を終了したモデルも在庫処分で稀に店頭に並んだりしますが、基本的に本体購入はこの中のマシンから選ぶ事になるかと思います。

 ピッコロ
プレミアム
ジョビアジェニオ2
プレミアム
ドロップエクリプス
抽出手動式手動式自動式自動式自動式
タンク容量600ml800ml1L800ml1L
幅✕高✕奥幅16.0cm
高29.3cm
奥22.8cm
幅17.1cm
高32.5cm
奥22.8cm
幅16.5cm
高29.6cm
奥25.7cm
幅25.2cm
高31.9cm
奥25.2cm
幅27.4cm
高32.1cm
奥33.2cm
重さ2.4Kg2.7Kg2.7Kg3.0Kg3.5Kg
レッド
ブラック
レッド
ホワイト
レッド
ブラック
チタン
レッド
ホワイト
レッド
実売価格※3800円前後5200円前後9000円前後7000円前後販売終了

※Amazonでの価格を参考にしています。

手動と自動の価格差は3000円程、長く使う事を考えたら自動がオススメ!

ピッコロプレミアムとドロップの価格差は約3000円程ですが、長く使う事を考えれば手動式よりも自動式をオススメします。理由は以下の通りです↓

  • 先程言った通り抽出する際に味や香りにムラが出る
  • 自分以外の家族が利用する際も使いやすい
  • 色々な種類のカプセルを使う際もカンタンにお湯量を調整

味や香りもそうですが…一番は自分以外の家族が使う際も、抽出は自動の方が絶対に使いやすいと思います。

自分で好みの味(湯量)を手動で探すのもいいですが…多分ネスレ推奨の湯量が一番美味しいハズです。

あと様々な種類のカプセルを飲む際もメモリをあわせるだけなので楽ですよね。カプセルによっては湯量が3だったり7だったりするので自動式の方が抽出が楽なのは言うまでもありません。

本体価格は3000円程自動式の方が高くなりますが、長く使う事を考えると自動式の方が楽だと思いますよ。

ドルチェグストのメリットや使い方はコチラの記事にまとめてあります。

関連 もう手放せんな…ドルチェグストを使って5ヶ月!伝えたい4つのメリット

もし価格重視で手動式を選ぶならピッコロプレミアムでOK!

参照:amazon .co.jp

コスト面で手動式を選ぶのならピッコロプレミアムとジョビアの比較になりますが「どうしてもデザインはジョビアが良い」という事でなければピッコロプレミアムを選んでOKです。

先程も言いましたがマシンごとに抽出するカプセルの味は変わりません。

省スペースで軽くて何より安いですからね。ただしタンク容量が600mlなので頻繁に給水に行くことになるかと思いますが…。家族で利用するなら自動式のジェニオ2をオススメします。

実際にピッコロを使っている動画がありましたので貼っておきます↓

本体価格が気になる方は記事の最後にジェニオ2の本体を無料でもらえる方法が書いてありますので、良かったら最後までご覧ください。

ドロップとジェニオ2を比較!実用性を考えるならジェニオ2がオススメ!

参照:amazon .co.jp

自動式での比較はジェニオ2とドロップこの2機種の比較となりますが、大きな理由がない限りはジェニオ2方が良いかと思います。

ドロップもタッチパネル式で価格も安いので良いのですが…ジェニオ2に比べて…

  • 本体が円形で大きい為、場所を取る
  • 給水容量が少ない為、家族で使う場合は給水が多くなる
  • デザインが個性的なのでリビングやキッチンとの親和が難しいか…(個人的にw)

上記の様な理由で私の中ではドロップ<ジェニオ2なんですよね。この3つについてササっと説明します。

ドロップの本体のサイズと円形の形で置き場所に困るかも…。

ドロップの場合は円形の独特なフォルムの為、置き場所を選ぶ様な気がします。幅は約10cmドロップの方が大きいんですよね。

ジェニオ2はどちらかと言うと細長のシルエットなので場所を取らないんです。

実際に私の家のキッチンも広くはないのですが、電子レンジの空いたスペースにキッチリ収まって抽出済みのカプせりを捨てるゴミ箱(付属品)も余裕で置けます。

ジェニオ2

家族で利用するなら給水タンクは大きめの方が良いかも

一人暮らしなら問題も無さそうですが、家族で利用するとなるとなるべく給水タンクは大きい方が良いかと思います。

ドロップが800mlなのに対してジェニオ2は1Lなので給水タンクに余裕があります。

コーヒーやエスプレッソならあんまり給水量を考えなくても良いかもしれませんが、マグサイズのコーヒーやラテを良く飲む家庭はタンクは大きめの方が良いかと思います

デザインは好みの問題だが…個人的にドロップは攻めすぎているw

参照:amazon .co.jp

ドロップのデザインだとウチのキッチンやリビングには合わないかなと思いました。

独特のデザインですが家電、特にコーヒーメーカーなんかは良く目につく場所に置くでしょうからリビングやキッチンとの親和性を考えて私はジェニオ2を選びました。

これはホントに好みの問題ですよね、ウチの場合は…ジェニオ2ですね。

そんなジェニオ2ですが本体を無料でもらえるんです。

9000円がタダですのでドルチェグストを買おうと思ってる人はチェックしておきましょう。

ドルチェグスト ジェニオ2が無料でもらえるカプセル定期購入

ジェニオ2を無料で貰うには、2ヶ月に1回カプセルが送られてくる「カプセル定期便」を申し込むともれなく本体がタダで貰えます。

2ヶ月に1回の定期購入ですが、最低4箱からの購入になります。

4箱..との事ですが実際に私がよく飲むレギュラーブレンドは1箱16カプセル入り、毎日1杯づつ飲んでも約2ヶ月で無くなってしまうんですよね。

毎日コーヒーを1杯飲む人はカプセル定期便の方が他で買うよりもお得になります。カプセル定期便を使うと他にもこんな特典があります↓

  • カプセルが4箱購入で5%OFF!6箱〜は10%OFF!
  • 一緒にもらえるドルチェグストジェニオ2の本体保証が1年→5年に大幅延長
  • ネスレのWebサイトのショッピングポイント2倍
  • 新商品の宇治抹茶が1箱タダでもらえる

個人的には定期便で10%OFFになるのは嬉しいですね。

ドルチェグストのカプセルはスーパーや家電量販店でも売ってる事は売ってるのですが…ほとんどが定価販売ですからね(私がみた限りでは)。

オトクなカプセル定期便の詳細は公式ページからご覧になれます↓

公式 ドルチェグストカプセル定期便

まとめ

  • 手動式よりも自動式のマシンの方をオススメ
  • 手動式を選ぶならピッコロプレミアムでOK
  • 自動式を選ぶならジェニオ2がオススメ
  • カプセル定期便申し込みでジェニオ2タダでもらえる

本体によって大きく味が変わったりする事はないので安心してください。

先程も書きましたがオススメはジェニオ2ですね。

1人でも家族でもドルチェグストは楽しめますし、子供でも飲めるカプセルも沢山あります。私もドルチェグストを買ってから朝コーヒーを飲むのが少し楽しみになりました。

これから色々なカプセルを試して行きますのでその際はまた記事を更新していきたいと思います。それではまた!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう