2016/07/140 Shares

ブルーライト90%カットの保護フィルムRetinaGuardを買ってみた!

私のようにスマホのゲーム以外にもブログを見たり検索したり…スマホの画面を見る時間はみなさんそれなりにあるかと思います。電子書籍とかも見たりしますよね、会社ではエクセルやメールなどなど…

そこで色々調べたら眼精疲労の原因になるブルーライトカット90%のスマホフィルムを見つけたのですぐに購入しました。

その名もRetinaGuard(レティナガード)少しだけ値段が高いですが、その辺のブルーライトカットを謳うフィルムを買うなら絶対こっちの方が眼精疲労対策に効果があります!

スマホやPCでの眼精疲労が気になるなら是非チェックしてみてください。2016.6/14追記しました。

スポンサーリンク

 

そもそもブルーライトとは?

そもそもブルーライトとは何なのでしょうか?PCメガネで有名なzoffのサイトで引用しますと

ブルーライトとは、可視光線(目に見える光)の中でも、380~500nm(ナノメートル)の波長の光で、網膜まで届くエネルギーの強い光を指します。 今のテレビやパソコン、スマートフォンなどの液晶画面にはLED(発光ダイオード)がバックライトとして使用されていることが多いため、ブルーライトを強く発生させています。 このブルーライトは、エネルギーが強く、目の奥で散乱しやすいため、長時間デジタル機器を使用すると視界のチラつきやまぶしさを感じさせる原因のひとつになるといわれています。

zoffPCブルーライトとは

モニターから発するライトが眼精疲労の要因の1つになっているようです

Androidではスマホのブルーライトカットのアプリがあるようですが、iPhoneだとゲームプリを開いたりした時にブルーライトをカットしてくれるアプリが今のところありません。※ios9.3でNightShiftモードが登場しました。

一部ブラウザを開いた時のみブルーライトをカットしてくれるアプリはありますが。

ちなみにPCだとWindows/Macでブルーライトをカットしてくれるアプリがありますのでブログ作成時はあまり目が疲れないんです。

f.lux: software to make your life better

 

 RetinaGuardはamazonや楽天のなどネット通販でしか見かけない

Amazonで購入する前に大きい家電量販店でブルーライトカットの保護フィルムを探してきました、店頭ではものすごい数の保護フィルムがありましたが、ブルーライトカット率は最高で37%のものしかありませんでした。

その為Amazonで商品を探してこの商品RetinaGuard iPhone5/5s/5cを見つけ注文しました。注文して翌日到着、送料は無料で2005円でした。

ちなみに私の場合はiPhone5sですが、iPhone6、iPad用など種類は豊富なので自分の使っているデバイスのもの選んで下さい。

iPhone5/5s5se専用

iPhone6/6s専用

iPadmini用

実際フィルムを使ってみた

商品が届いたので使った感想などをレビューします、翌日ポストに届きました。

RetinaGuardの通販

 

RetinaGuard 同梱物

 

内容物は3点で保護フィルム、クロス、ホコリ除去シールです、説明書にわかりやすく書いてありますが、貼り付け方法は普通のフィルムと変わりません、気泡が入りますがクロスで拭きながら押し出すと消えますし説明書には48時間以内に消えると記載してありました。

ブルーライトカットと聞くと画面が黄ばんだりするんじゃないかと心配の方も居るかと思いますが、ほとんど変わりなく使えます、ただしアンチグレアでは無いので光の反射はあります。

貼り付け前と後を比べて見ます。

RetinaGuard付ける前と付けた後の比較画像ヤフーのトップですが画面の色合いはほとんど変わりません!私は多少黄ばむのも覚悟で買いましたがこれは嬉しかったです。

ただし、私のiPhoneは白ですが、フチ(ベゼル)が若干くすんだ色合いになります、若干黄ばむというか、青っぽいというか…主観ですがほぼ気にならないレベルです。

RetinaGuardを貼るとたしかに目が疲れない

購入して貼付け後、スマホを1時間半ほど使いましたが(ゲームで)、いつもより全然目の疲れがありません!1時間半もやると頭が痛くなってきたりもするのですが今のところ痛くないです。

これは体感としてはっきりと分かるレベルでした。ただしこのフィルムを貼ったからと言って何時間もスマホをいじれば目は疲れるし、視力も悪くなりますのでしっかり休憩は取ってくださいね。

ですが私の場合は効果がはっきり感じられました。

NightShiftモードよりも自然に見える

ios9.3から標準機能として登場したNightShiftモードですが、コレもブルーライトをカットしてくれます。NightShiftを使うと画面がオレンジ掛かります。この現象はRetinaGuard若干感じられますが、RetinaGuardの方が色合いが自然というか、オレンジの色味が薄く感じられます。

それでいてブルーライトを90%カットしてくれるので私の場合はNightShiftはほとんど使ってません。

効果の高いフィルムを買いフィルムは家電量販店では置いていない場合が多い

先ほども書きましたがRetinaGuardの様に90%カットとかのフィルムは家電量販店では売ってない場合が多いです(個人的な感想です。探せばあるのかな)

奥さんのiPhoneにもRetinaGuardを貼りましたが、やはり目の疲れが軽減したとハッキリ感じる事が出来るそうです。

先ほども書きましたが量販店では最高で37%カットのフィルムしか見つけられませんでした。色々なアプリやゲームの登場でスマホが出た頃よりスマホを触る時間は確実に増えています。

RetinaGuardのブルーライトカット率は90%、ちょっとだけ高いですが今後ずっとSNSやゲーム、電子書籍を読んだりするのであれば適当な市販のモノを買うよりもブルーライトから目をしっかり守ってくれますよ。

 

まとめ

ブルーライトカットのメガネもありますが、若干黄ばんだというか…サングラスの用になるのが個人的に嫌でフィルムを探しました。結果として満足出来る商品を購入出来ました!

これからますますスマホやタブレット、PCなど仕事や勉強でもプライベートでもブルーライトを見る時間は増えると思います。

またお子さんがスマホを持ってる親御さんにもオススメです、今後ますますSNSにゲームとスマホの画面とにらめっこする時間は増えるでしょう。

是非これを貼ってあげて下さい、あとは適度な休憩も必要です。ちなみに私は疲れ目対策でスマホのフィルム以外にも、デジタル画面の目の疲れ専用目薬を使ってます。

現在はこのRetinaGuardをiPhone6s、iPadmini2、MacBookに使ってますが以前の様に頻繁に目薬を使ったりすることはありません。ios9.3でナイトシフトモードでブルーライトカット機能が使えるようになりましたがRetinaGuardの方が効果は高いと思います(KindleをiPadで読み続けた時の体感です)

RetinaGuardなら1日中ブルーライトカットしてくれますし、私では今後も端末を買った場合は必ず買うマストなフィルムです。1回使えば多分良さを体感出来ると思いますよ。現在ブルーライトカットのフィルムでこれ以上のモノがあるとは思えません。

iPhone5/5s5se専用

iPhone6/6s専用

iPadmini用

【関連記事】iPhone6s 透明のカバーならコレで間違い無い!

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
ぷらんちゃ

ぷらんちゃ

一般のサラリーマンです。2015年4月からこのブログはじめました。日常の気になった事、興味のある事、iPhoneとかアプリとか。括りなく雑多に色々書いています。良かったらみて下さい!